TOP > デザイナーのためのCMS

デザイナーためのCMS - 情報頁管 Designer’s Edition

簡単CMS

情報頁管 Designer’s Editionは、「Webサイトを自分で更新したい!」というユーザーの要望にお答えする小規模サイトに特化したデザイナーのためのCMSです。

CMS情報頁管のメリット
 

WEBサイト制作で起こる問題

近日、Web製作業者は非常に多く、ユーザーは非常に好条件でWebサイトを構築することができます。 金額的なことはもちろん、Webサイトの仕様に関しても、多くの高度な要望が出てきます。

などなど。
もちろん、私たちWeb製作業者も、常に技術を磨いておりますので、 この辺りのことには十分に対応できることかと思います。
しかし、もう一つ、必ずと言っていいほど出てくる要望と会話のやり取りがあります。

という会話の流れになったことは、皆様も一度や二度ではないでしょう。
オープンソースを利用するデメリットは、なかなかユーザーには伝わりません。

などなど。
正直、考えれば考えるほど、頭が痛くなります。

開発者からのメッセージ

システム開発を行うWeb製作会社が自社開発したCMS

私たちにとっても、上記の問題は例外ではなく、苦しみ続けていました。
特に、小規模サイトの製作の時に、一番困りました。

大規模なサイトとなると、多くの予算が確保されます。
当初からデザインやページ製作の他、独自のCMS開発用の予算が確保されているケースも多く、 特に私たちのようにシステム開発も行うWeb製作業者にとっては、 トータルで利益を生み出せばよいというアドバンテージがあります。

しかし、小規模サイトとなると、話は全く違います。
独自のCMSを開発するための予算はありません。
そもそも、その予算をとるほど、ページ数や情報量は多くありません。 多くのオープンソースは、大量の情報を管理するために開発されており、小規模サイトには不向きです。
そもそも、オープンソースであっても、それをインストール・設定するためにかかるコストすら、 予算として確保できない場合がほとんどです。

正直、私たちも、困っていました。
だから、このような場合に最適なCMSを開発することにしました。

 

小規模サイトを管理することに特化したCMS

私たちは、小規模サイトへCMSを導入するときのポイントを考えました。
  • インストールや設定が簡単で、素早くできること
  • インストールするサーバに必要な仕様が最小限であること
  • デザインが自由であること
  • ユーザー、デザイナーともに、必要なトレーニングが最小限であること
  • CMS自体の価格が最小限であること
いかがでしょうか?
これらのポイントを実現することを最優先にCMSを開発いたしました。

しかしながら、全ての場合に対応する汎用システムは存在しません。
小規模サイトに特化するために、犠牲にした点もあります。

  • 大量のページを管理するには、不向き
  • 管理できるコンテンツは標準的なコンテンツのみで、特殊なコンテンツに対応するための拡張プラグインはない
  • 管理時の対応ブラウザはIE7以上に限定し、他のブラウザで完全に動作することは保障しない
    (Webサイトの閲覧は、ブラウザを限定しません。)
もし、皆様が上記の内容に共感していただけれるのであれば、 私たちが開発したCMSをお試しいただけると幸いです。
 

更新・編集はおどろくほど簡単

短時間のレクチャーでお客様にも簡単にご利用頂ける編集操作。社内での更新もすばやく対応が可能。

 
簡単CMS-ログインしたらブラウザ上で編集可能。特別なソフトはいりません- CMS編集方法-編集管理バー-
CMS更新方法-ブラウザ上でみたままの編集したい部分を選択することで更新が可能になります-
CMS編集方法-選択した部分がポップアップされ更新する部分がわかりやすい-

CSMで設置できる[コンテンツタイプ]について

text ・・・ テキスト
改行ができるテキストを編集できるコンテンツタイプです。編集時のイメージ
short ・・・ ショートテキスト
改行のないテキストを編集できるコンテンツタイプです。編集時のイメージ
rich ・・・ リッチテキスト
フォントサイズやカラーを指定して編集することができるコンテンツタイプです。編集時のイメージ
plain ・・・ プレーンテキスト
HTMLコードを直接入力して編集することができるコンテンツタイプです。編集時のイメージ
image ・・・ イメージ
イメージ(画像)を指定して編集することができるコンテンツタイプです。編集時のイメージ
topic ・・・ トピック
トピックを編集することができるコンテンツタイプです。編集時のイメージ
href ・・・ リンク
エイチレフ要素を編集することができるコンテンツタイプです。編集時のイメージ
menu ・・・ メニュー
メニューを編集することができるコンテンツタイプです。編集時のイメージ
hidden ・・・ 隠れ属性
隠れ属性を編集することができるコンテンツタイプです。
隠れ属性は画面上に表示されず、クリックして編集できないコンテンツを扱うためのコンテンツタイプです。 編集時のイメージ
 

[→ 詳しくは情報頁管 紹介サイトをご覧ください]

 
▲ページトップへ戻る
有限会社ワンクリックアイティーのブログ
ワンクリックITで活躍するスタッフの日々の出来事をブログにてご紹介いたします。
代表ブログ シンプル・イズ・ベスト
ワンクリックIT 代表取締役 大嶋のブログ。